妻有地域のそば栽培の概要

蕎麦栽培の適地

当地域は周囲を山や丘陵に囲まれ、秋そばの実る8月下旬~10月中旬頃には、昼夜の寒暖差が大きく、朝霧が発生します。蕎麦は霜に弱いため、優良
な蕎麦産地は霜を緩和する霧の発生しやすい地域に立地しています。

蕎麦の栽培面積と品種

当地域には約300haの蕎麦が栽培されており、県内生産量の約3割になります。栽培される品種は、「とよむすめ」と「信濃1号」が主に作られています。また、そば茶の原料にも使われるだったんそば「北陸4号」の栽培も津南町を中心に作られています。

良質な蕎麦生産

排水の良好な畑地や水田転換畑で栽培する蕎麦は生育が良好で、当地域の蕎麦は県内の他の地域よりも収量が高く、良質な蕎麦が生産されています。良質な蕎麦生産されています。

蕎麦の収穫

蕎麦の収穫は10月中旬頃から始まり、降雪前に終了するように11月中旬までの約1か月間に急ピッチで行われます。